研究者向け

研究者向け


申請方法および配分

南極隕石ラボラトリー所蔵の南極隕石を用いて研究したい場合は、研究計画書を提出する必要があります。特別な分析が必要な場合は、事前にキュレーターにご相談ください。

試料の配分の可否は、隕石の元重量や希少性に基づいて、キュレーターの判断により配分されます。場合によっては、審査計画は外部の研究者により査読される場合があります。


試料の取り扱い

研究計画が認められた場合、隕石試料は、研究代表者に配分されます。研究組織、分析手法やテーマが大幅に変更された場合、キュレーターに了承を得る必要があります。場合によっては、追加研究計画書を提出する必要もあります。


試料の返却

研究が終了したら、試料は速やかにご返却ください。破壊分析の場合でも、残った試料は返却して頂きます。


研究成果について

研究成果を公表した場合、南極隕石ラボラトリー宛に、電子ファイルを送付してください。


隕石処理施設の利用について:

隕石処理施設は共同利用機器ではありませんが、特殊な試料準備が必要な場合、薄片や隕石本体の試料を観察したい場合など、キュレーター立ち会いの下、利用できる場合があります。詳細は、キュレーターにご相談ください。


南極隕石シンポジウム

年に一度、南極隕石シンポジウムが開催されています。例年、国立極地研究所が開催する「極域科学シンポジウム」と同時開催されます。

南極隕石シンポジウムでは、南極隕石を用いた研究が発表され、国内外から多くの研究者が集まります。

国立極地研究所から配分された南極隕石を用いた研究結果は、発表することが強く推奨されています。また、毎回1-2名の、著名研究者が招待され、講演が行われます。


出版物


Meteorite Newsletter


南極隕石シンポジウム予稿集


Antarctic meteorite research


Proceedings of the NIPR Symposium on Antarctic Meteorites


Polar Science

ページの先頭へ

南極隕石ラボラトリー

南極隕石ラボラトリー

国立極地研究所 極域科学資源センター

南極隕石ラボラトリー

〒190-8518 東京都立川市緑町10-3

サイトポリシー / サイトマップ